始める前に知っておこう!映像制作に必要な基本的な知識をまとめてご紹介!

映像制作は大きく分けると動画を撮影する工程と編集・加工する工程の2つに分けることができます。
撮影は加工するための素材を用意するものなので、加工技術が優れていれば高価な機材を用意せずとも、スマートフォンでの撮影でも問題ありません。
作品として大きく出来栄えが変わってくるのは、加工の工程です。
CGを使ったり効果音を上手に使うなど、加工技術を磨くことによってクオリティーの高い作品を作ることができるようになるでしょう。

始める前に知っておこう!映像制作に必要な基本的な知識をまとめてご紹介!

知識がない状態からでも映像制作をすることは不可能ではありません。
最近ではスマートフォンでも簡単な加工ができるので、短い動画であればスマートフォンでも十分です。
しかし本格的な動画を作る場合は、編集ソフトやハイスペックのパソコンが必要になります。
動画の中にCGを入れる場合も3Dソフトが必要になり、習得にはそれなりに時間がかかるでしょう。
世の中には購入したりフリーで使える素材もたくさんあるので、映像制作に使えそうな素材をよそから用意するという手段もあります。
特に音楽や効果音まで自前で用意するのは大変なので、不得意な分野は無理せずに素材を使うことも大切です。

映像制作の開始から完成までの全体的な流れ

YouTubeが大変人気であるように、最近では様々なことで映像制作を行う機会が増えています。
その魅力は、言葉で言い表すと大変長く難しくなってしまうようなことを、短時間で直感に訴えるようにできることです。
言葉で聞いてもよく分からんかったような事が、画像で見ると数秒でわかってしまうということが知られています。
そのように大変な効果を持つものなのですが、その作成には十分に検討を重ねポイントを抑える必要があります。
映像制作の流れとしては、まず題材についての意見集約を行うことが必要です。
そのために関係者からのヒアリングをまず行います。
ヒアリングを行うことにより、画像にすべきことの輪郭を明確にさせることができます。
この段階に至って、全体の企画についてはっきりとさせます。
企画がはっきりすると、動画の流れをどのようにするかというシナリオを作ることができます。
そのようなシナリオをもとに実際に撮影を行うことになるわけです。
撮影後、編集作業やナレーションなどの挿入を行い仕上げることになります。

映像制作の基本的な部分を固めるプリプロ

映像制作では実際にカメラを使って撮影を行うのが中心的な作業となりますが、何の計画もなしにいきなり撮影を始めても十分な成果を得るのは困難です。
良い作品づくりのためには、事前の準備作業も同じくらい重要です。
映像制作におけるさまざまな事前準備のことは、一般にプリプロと呼ばれています。
これはプリプロダクションの略語で、撮影後の作業を意味するポストプロダクションの対義語です。
映像制作はチームで行われることが多いので、撮影に臨むに際して意思統一を図るプロセスという意味合いも持っています。
具体的な作業の内容は作品のジャンルや制作規模などによって異なりますが、ほぼすべてに共通するのは脚本の執筆と撮影スケジュールの作成です。
また、脚本に基づいて絵コンテを製作する作業や、撮影場所をあらかじめ下見するロケーションハンティングと呼ばれる作業などもこれに含まれます。
さらに、カメラや録音機材をレンタルするための手続き、作曲家に対するBGMの製作依頼などを行うこともあります。

映像制作に必要な素材を集めるプロダクション

映像制作はそれだけで作品が完成するわけではなく、やはり必要な素材を集めるプロダクションにこそ重要性があるといえるのではないでしょうか。
誤解を恐れずにいえば、映像制作は素材の組み合わせと加工編集で構成されており、その善し悪しが作品のクオリティを左右すると言っても過言ではないです。
つまり素材を集めるプロダクションの段階で既に、クオリティの方向性がほぼ決定づけられるといえます。
ここを軽視したりコストをケチってしまうと、いくら腕の良い人が映像制作に関わっていても、ポテンシャルを活かせず中途半端な仕上がりになります。
逆にアイデアやノウハウを最大限に活かせる準備をしておけば、クオリティが上がって作品の完成度も高まります。
素材は既存のものを使うこともできますが、映像制作に合わせて1から撮影したり加工して仕上げることが重要です。
作る作品に合わせて材料を調達する、これは調理にも同じことがいえますし、自分で調達することが大事なのは明白なのではないでしょうか。

集めた映像制作の素材を編集するポスプロ

映像制作の現場で最も大きな比重を占める作業は、言うまでもなく素材となる映像の撮影です。
しかしながら近年では、それと同じぐらいポスプロの重要性も増してきています。
ポスプロとはポストプロダクションの略語で、映像制作時において撮影後に行うべき作業の総称です。
この作業を経ることで、単なる「素材」であった映像は「作品」へと進化していきます。
この作業において中心となるのは、映像の編集です。
各シーンの撮影は必ずしもシナリオに書かれた順番通りに行われるとは限らないので、撮影後に並べ替えるなどしてストーリーの一貫性が保たれるようにします。
演出家のインスピレーションにしたがって、シナリオに細かく指定されていない部分(アップの画像を何秒間続けるかなど)をこの作業の中で決めることもあります。
その他の作業としては、ナレーションやBGMの追加、画面の明るさや色調の補正などがあります。
また、映像データをDVDなどの記録メディアに収録する作業もその中に含まれます。

に関する情報サイト
映像制作の基本

映像制作は大きく分けると動画を撮影する工程と編集・加工する工程の2つに分けることができます。撮影は加工するための素材を用意するものなので、加工技術が優れていれば高価な機材を用意せずとも、スマートフォンでの撮影でも問題ありません。作品として大きく出来栄えが変わってくるのは、加工の工程です。CGを使ったり効果音を上手に使うなど、加工技術を磨くことによってクオリティーの高い作品を作ることができるようになるでしょう。

Search